株式のグラフ

株は、キャピタルゲインを得る投資です。長期で持つ現物も一つのの方法ですが長く持つということは倒産リスクが高まります。
たった一つの悪材料によって売り込まれた株が、本業の業績も悪化したために倒産したケースもあり、その場合には単なる紙となってしまいます。
この観点からなるべく長期で保有せず、日々の値上がりを狙って取引するほうが倒産リスクはありません。
またデイトレードとして信用取引は以前は資金面での制限がありましたが、いまではFXと同様に何回転もさせることが可能なので、株のデイトレードもかなりしやすい環境になりました。
デイトレードの場合には、現物での取引ではなく、あえてFX同様にレバレッジを効かせて何回転もさせる信用取引をお勧めします。
信用取引では値上がりだけでなく、値下がりした場合の利益の出し方で空売りができます。
これは、下落局面において有効な手段でかつデイトレードでは、利益がでるとすぐに決済するので、空売りのポジションを翌日まで持ち越すことないので、買戻しされて値が上がっていく踏み上げに遭うことがないです。
踏み上げに遭うとたちまち値があがり、大きな損失を被ることが多いです。
またこの信用取引を一日何回取引しても、取引手数料が定額でそれも安いというネット証券もあり、何回転もすると取引手数料だけでもバカにならないことを考えると有利にデイトレードができます。
このようにリスクを最小限にして利益を積んでいくのがデイトレードですが、ここで注意しなければならないのは、ロスカットするタイミングを決して誤らないことです。
デイトレードは常勝の方法でなくリスクを減らして、少しづつ利益を何度も積んでいく投資の方法であることです。