• ホーム
  • デイトレードのメリットについて

デイトレードのメリットについて

硬貨とグラフ

株式取引の手法は、投資した銘柄を数ヶ月から数年単位で保有する長期投資、数週間単位で売買を行うスイングトレード、一日で売買を完了させるデイトレード、さらには保有時間が数分という超短期のスキャルピングまで様々です。
多くの種類がある株式の取引手法で、メリットが多い手法がデイトレードです。
デイトレードは、以前はギャンブルと変わらないと批判されることもありましたが、現在では認識が改まり株式投資で利益を出すための立派な手法として認められています。
デイトレードの最も大きなメリットとしてあげられるのが、保有銘柄を次の日に持ち越すことがないという点です。
一日で売買を完了させるため、市場が閉じるときには全ての銘柄を売却しており株式を保有していません。
つまり、その日の市場が閉じてから翌日の市場が開くまでに何が起きようと一切の影響を受けずに済むのです。
投資した企業が悪いニュースを発表したり、経済全体にとっての悪影響となる材料が出たとしても資産価値に影響がないのです。
そのため、オンとオフを完全に切り替えることができ、その日の市場が閉じたら株式のことを考えることなくリフレッシュできます。
また、場中でも銘柄を保有している時間が短いことはメリットになります。
さらに、自分なりのタイミングで資金を投下してあっという間に回収するため、突発的な出来事による相場の変動があってもすぐに対応できます。
デイトレードでおすすめの株ブログなどもあり、投資家ブロガーたちがわかりやすく情報を載せている場合もあるので参考になります。