• ホーム
  • 株式をTOBされたビットアイルとTOBした森精機

株式をTOBされたビットアイルとTOBした森精機

ビットアイルは都心を中心としてデータセンターの運営で、順調に事業を拡大してきた企業です。
このビットアイルは、年の半ばにアメリカの大手データセンター運営の企業から買収される運びとなりました。
大手のデータセンター運営の企業ではビットアイルの株式を取得するために、TOB価格を現在の株価よりもかなり上乗せした形で実施をしています。
その結果として、TOBの発表後からはビットアイルの株価が暴騰することになっています。
アメリカのデータセンター運営会社ではビットアイルの将来性を高く評価して、取得株価を高く設定しています。
ビットアイルの取得株価が高くなっても世界的にデータセンターを運営する上では、決して高くはないと運営会社では考えていると推測されます。
また、日本の森精機ではドイツのDMG社を子会社化することになっています。
そのため、社名がDMG森精機と変更となりました。
森精機ではNC旋盤やマシニングセンタを得意としていますが、ドイツのDMG社にTOBをすることによって規模を拡大することが行われています。
今後、森精機ではDMG株を段階的に取得をしていて、最終的には合併を目指いしています。
森精機では技術力のあるDMG社と合併することで、工作機械市場での優位性を保ちたい狙いがあります。
有力な子会社を自社に治めることで、工作機械業界でのシェアがアップし、価格交渉力などが高まる期待があるからです。
今後の森精機においては構造改革を実施することで、DMG社とのシナジー効果を出すことが課題となってきます。
将来、シナジー効果が得られるのであれば、森精機の長期的な成長に繋がっていくことが予想されます。
このように今後も大手企業が中小企業をMアンドAをして、市場での優位性を確保する動きが続くと考えます。